ブログトップ

Dorothy's Blog@ハギワラ

dorocafe.exblog.jp

別名駄目人間日記

あなとーる。

またまた国語の教材シリーズです。

今回は小学校4年くらい、、かな。
『アナトール工場へいく』です。

あらすじは、、えーと。。

僕が説明しようかと思ったけど、こちらに教科書に載ってた話の途中までの記載があったので読んで見てくだされ。

・・・うーん、このあとデュバル君がアナトールにまた手紙を出すはずなんだけど、どんな内容だったっけなー。
たしか『アナトール殿、、』という敬称が使われてたんだよなー。
当時の先生が、”殿”という敬称は、相手をとても敬ってる(尊敬している、信頼している)言い方だ、と授業で言ってたのが印象的でしたわ。
んで、工場の役員だか、部長だか、とにかく何らかの役職に任命される、と。
でもねずみとゆー正体は相手にわからず終いだった、、と思う。。

まあ、こんな話ですわ。

挿絵のチーズがやけに美味しそうだったなー、という印象が強いぶう。

・・・ってデブキャラかよっ!

ねずみがチャリンコを使用、ていうのも今考えたら面白いですな。
しかもタイプライターなんてどっから持ってきたんだろう。。

個人的には『まずい、すぐ捨てること。』というアドバイスシートを書かれてしまったチーズが不憫でなりません。。

・・・改善の余地なしかー。。
[PR]
by dorothyscafe-hagi | 2006-06-09 12:40 | 懐かし話