ブログトップ

Dorothy's Blog@ハギワラ

dorocafe.exblog.jp

別名駄目人間日記

カテゴリ:懐かし話( 5 )

またまた国語の教材シリーズです。

今回は小学校4年くらい、、かな。
『アナトール工場へいく』です。

あらすじは、、えーと。。

僕が説明しようかと思ったけど、こちらに教科書に載ってた話の途中までの記載があったので読んで見てくだされ。

・・・うーん、このあとデュバル君がアナトールにまた手紙を出すはずなんだけど、どんな内容だったっけなー。
たしか『アナトール殿、、』という敬称が使われてたんだよなー。
当時の先生が、”殿”という敬称は、相手をとても敬ってる(尊敬している、信頼している)言い方だ、と授業で言ってたのが印象的でしたわ。
んで、工場の役員だか、部長だか、とにかく何らかの役職に任命される、と。
でもねずみとゆー正体は相手にわからず終いだった、、と思う。。

まあ、こんな話ですわ。

挿絵のチーズがやけに美味しそうだったなー、という印象が強いぶう。

・・・ってデブキャラかよっ!

ねずみがチャリンコを使用、ていうのも今考えたら面白いですな。
しかもタイプライターなんてどっから持ってきたんだろう。。

個人的には『まずい、すぐ捨てること。』というアドバイスシートを書かれてしまったチーズが不憫でなりません。。

・・・改善の余地なしかー。。
[PR]
by dorothyscafe-hagi | 2006-06-09 12:40 | 懐かし話
そんなこんなで怒涛の国語シリーズです。
いやー、当分はネタ切れに困らないなー、と言いつつあんまり憶えてないんですけど。

今回もまず題名があやふやです(ぇ)。
『いのちということ』だったかな(自信ねぇ)。


正式タイトルは『命ということ』でした。
こちらに多少記載があったので参照ヨロ。

中学生の時にやった、ってのは憶えてます。
確か中一かなー。

内容は確か、ドイツが舞台で、学校のクラスでソーセージ工場を見学しに行って、自分達は他の生き物の命を頂いて生きているんだ、ということに気付くお話だったような。。

・・・激しく自信がねぇっ。

まあ、あらすじだけ書くとものの数行で終わってしまうので、僕がものっそい印象に残ってるところを挙げたいと思います。

主人公(説明してなかったけど男の子ね)たちが豚のソーセージ工場へ見学しに行ったとき、『豚がソーセージにされてしまう』という行程があまりにもグロくて、クラスの生徒大半が引いてしまうんですね。
背中が割られた豚がそこかしこに吊るされていたら無理もない話かもしれませんが。。
そんな時、クラスの中で人気がある女子、通称「マドンナB」が一人だけテクテクと豚に歩み寄り、ズイッとおもむろに割れた背中へと手を突っ込みます。
みんながあっけにとられる中、この作品の名言が放たれます。

『あたたかい、、本当にあたたかいわ。』

漢字が使われてたか、ひらがなで記載されてたか、忘れてしまいましたが、僕の中では棒読みだったとゆー印象が強いので、ひらがな表記にしてみました。
・・・いや、たぶん音読させられた時の印象が強いせいで棒読みの記憶しかないと思うんですけどね。。

で、主人公たちはこのイベントを通して、人間は他の生き物の命の上で生きていけるんだ、と理解するわけです。

まあ、内容はあんまり覚えてないんですが、

・『マドンナB』
・『あたたかい 本当にあたたかいわ』

という二つの単語(フレーズ)が印象的なお話であります。
ちなみに、マドンナBの『B』は本名のブリギッテからきた『B』であります(うろ覚え)。

当時、何かに触ったら『あたたかい、本当にあたたかいわ』と言うのが一瞬だけ流行りました。
・・・平和な中学生でした。

この話はもう一度読みたいなー。
[PR]
by dorothyscafe-hagi | 2006-06-02 14:04 | 懐かし話
調子に乗ると連打で同じ話題を続ける悪癖発動。
今回も国語のお話。

『ガオーッ』とゆー小学校中学年あたりで扱うお話でおま。

えーと、内容的なものを書くとですね、、チト長くなりますが。。

ある動物園にライオンとヒョウ(黒ヒョウだったかな)がおりまして、ライオンは来園する子供たちのために派手に『ガオーッ!』と吼えてみせて『うおー!ライオンこえー!すげー!見に来た甲斐があったー!』と思わせるエンターティナーな心得を持ってるんですが、一方のヒョウは『生きるのメンドクセ。。』と来客があろうとなかろうとボデーっと過ごしてるわけです。
で、ある日、ライオンが風邪か何かで声が出なくなり、吼えられなくなってしまうのです。
子供達は『んだよ、百獣の王のくせにちっともらしくねぇじゃーん』と金返せコールです。
ライオンがそんな子供達の金返せコールに縮こまっていると、見かねたヒョウが『ガオーッ!』と派手に吼えてみせるのでした。
すると『うおー!ヒョウすげー!かっくいー!』とそれはそれで御満悦の表情で帰っていくのでした。
閉園後、ライオンが『かたじけない、助かったよー』、と声をかけるとヒョウは『ば、、ち、違うんだからっ、べ、別にアンタのためにやったわけじゃないんだからねっ!あーゆーの苦手だけど、たまたまやりたい気分だったのよ!風邪が治ったらまたアンタがやりなさいよ!』と言い放ちます。
ライオンはツンデレ萌えだったので、ヒョウに深く感謝し、風邪が完治するまではヒョウにお任せすることにしました。
そして完治してからは、また子供達のためにライオンが『ガオーッ!』と吼える、と。

長くなったけどそんなお話ですわ。

(;´Д`)ヒョウさんツンデレ。
いや、文章は勝手に作ったけど、今考えると態度はまさにツンデレだったんですよ。
とゆーわけで、教科書初のツンデレで賞はこのヒョウに決まりですな。
こんなところにもツンデレがあるなんて驚きですよ。

・・・つか、感想がツンデレだけかい。

また教科書が読みたくなってしまったー。
次はポディマハッタヤさんの話でも書こうかな。
あれも小学校中学年くらいでやる話だったよなー。
でも内容憶えてねぇ。。
キーワードが、
・鉛筆
・スリランカ
・ボガラ鉱山
・ポディマハッタヤさん
の四つしかないという罠。

あ、ミクシになんか知りませんが、ポディマハッタヤさんのコミュがあったので迷わず入るボタンを連打しておきました(古い方)。
あと、今までゲーセンのクイズマジックアカデミーのタイピング問題でよくわからん問題の時、『ぬるぽ』、『やらないか』など、2ちゃん用語で誰か反応してくるか期待してましたが、これからはそこに加えて『ポディマハッタヤ』も入力して行こうと思いました。
見かけたら『スリランカ』、『ボガラコウザン』とかで反応してくれると喜ぶと思います。

しかし、、ポディマハッタヤさんの知名度にはびっくりしますわね。
[PR]
by dorothyscafe-hagi | 2006-05-31 15:07 | 懐かし話
僕、結構懐かし話が好きでして、昔のテレビの話とか、ローカルトークとか、大分盛り上がれます。

その、盛り上がれちゃう話の中の一つに、国語の教科書、ちうもんがありますのよ。
国語自体は漢字の書き取りが苦手だったので、あんまり好きじゃなかったんですよね。。
書き取り以外のものについては割りと得意だったので、国語の授業は苦にはならなかったですが。。
読書をあまりしないくせに、国語の教科書はズンズン読み進めてしまう子だったんですが、その辺が懐かし話ができる原因だったりするのかな。

まあ、何でもいいんですけど、とりあえずめちゃんこ有名なところを挙げておくと、『赤い実はじけた』ですかね。
かなーり有名な教材ですよね。
6年生、だったかな(たぶん)。
年頃の女の子の初恋話、、と書くだけでハアハアしてしまいますよ(;´Д`)
初恋におちる瞬間を『ぱちん、赤い実がはじけました』と描写するなんて、斬新過ぎるぜー。
つーか、『』内は僕の記憶の中にある一文なので、本文にホントに書いてあるか微妙だぜー。

で、この『赤い実はじけた』の作者さん、名木田恵子さんって方なんですが、どーやら『キャンディキャンディ』の原作者さんらしいですよ。
へー、知らんかったー。
道理でー、と納得してしまいましたわ。

ぱちん、ていう表現も印象的ですが、当時の僕としては哲の親父の『ウチの哲もよく手伝ってくれます』とゆー強烈な親父ギャグが鮮烈でした。
何でそんなどーでもいい場面が印象に残ってるのか、、、ケッタイな子供だったんですね。。

にしても、赤い実はじけた、読みたいなー。
とゆーわけで、意味もなく国語の教材シリーズとして、暇な時に他の教材についても書いて行こうと思ったり思わなかったりするのでした。

シリーズにするの好きだな、、僕わ。。
いくつか溜まったらブログのカテゴリに『懐かし話』なんちうもんでも作ったろうかしら。
[PR]
by dorothyscafe-hagi | 2006-05-30 03:44 | 懐かし話
何でかわからんが、ふと思い出したので記事にしてみよう。

埼玉郷土かるたの話題。

え?なにそれ?ていう人のほうが多いかと存じますが、埼玉の歴史や名所、名産品などをかるたにしたのが埼玉郷土かるたです。

小学校時代を埼玉県内で過ごした方8割くらい(全員と言い切れないのがチト悲しい)は知っていると思われます。
かるた大会なんつーもんもあったりして微妙な盛り上がりを見せたものです。

・・・今もあるのかしら。。。

まあ、それはいいとして、、、

でね、たまーにこの埼玉郷土かるたの話題が同県民との間で出るんですが、どうしても思い出せない読み札とかあるわけですよ。

で、気になったので調べてみました。

上記リンクより抜粋
[PR]
by dorothyscafe-hagi | 2006-01-05 22:05 | 懐かし話